医療法人紡世会 かわぐちレディースクリニック

理念

introduction

かわぐちレディースクリニックは、妊婦さん、産まれてくる赤ちゃん、その御家族が安心して過ごすことができる環境づくりを通じて、希望ある地域社会を創造することを、最も大切な使命と心得ています。

その実現のために「かわぐちレディースクリニックの理念」を定めています。
この理念は、かわぐちレディースクリニックで働くスタッフひとりひとりが大切にし、それぞれが、一つひとつの判断の基準、行動の基本とするものです。

わたしたちは、患者さんが安心して新しい生命を迎えることができるように、患者さんとご家族の言葉に真摯に耳を傾け、適切な医療を提供します。

地域に寄り添い、母子に寄り添う

  • 地域の周産期施設として、地域の皆様の健康を維持し世の中を紡ぐ手助けをします。
  • 赤ちゃんの発達教室、食育学級など、お母さまと赤ちゃんの成長を学ぶ教室を行い、新しい世代が育つお手伝いをします。

医療安全と医療レベルの維持

患者さんが安心して通院できるよう、様々な医療安全への対策に取り組み、レベルの高い医療を常に提供できるよう、努めて参ります。

  • 24時間365日、帝王切開に対応できます。
  • 緊急事態にも迅速に対応するため、充分なスタッフを配置しています。
  • 緊急時帝王切開に備え、緊急時シュミレーションを行っています。
  • 母体救命が必要な場合や、新生児の搬送が必要な場合には、高次医療機関に速やかに搬送する体制を整えています。
  • 厚生労働省の「無痛分娩の安全な提供体制の構築に関する提言(2018年3月29日)」に準拠した安全体制を構築しています。
  • 赤ちゃんの取り違え防止に、出産後すぐにお母さんの近くでネームバンドを2か所付けます。
  • 医師、助産師、看護師など各スタッフが、新生児蘇生、母体救命など、認定された様々な研修会に参加し、専門資格を得ています。
  • 産婦人科に関する各ガイドラインに参加し、ガイドラインに沿った治療を行います。

施設の安全性と緊急時の備え

妊婦さんと産まれたばかりの赤ちゃんを守るために、さまざまな対策と備えをしています。

  • 建物は最新の建築基準を満たした、充分な耐震性を持っています。
  • 特定のエリアしか移動できないセキュリティーカードシステムを採用しています。
  • 院内に多数の防犯カメラを設置し、アルソック社の警備が24時間防犯対応しています。
  • 食料・飲料水の備蓄、自家発電装置などを設置し、予期せぬ災害でライフラインが途絶えたとしても、最低72時間は医療施設として機能できます。