医療法人紡世会 かわぐちレディースクリニック

産科のご案内

obstetrics

妊娠・出産から女性ならではの様々な悩みやトラブルまで、女性の多様なニーズに応えるきめ細やかな診療を行い、妊婦さんの健康管理・健康維持のために全力を尽くします。

平日も土日も、複数の医師、助産師による平行診療を行っており、外来での待ち時間を極力短くしています。

妊婦健診

当クリニックの妊婦健診は、ご家族もご一緒に診察室にお入りいただけます。

パパが一緒に来るのはもちろんのこと、上にお子さんがいらっしゃる方は、ぜひ連れてきてください。一緒におなかの赤ちゃんを見ると、すこしお兄ちゃん・お姉ちゃんになってくれるかも。

妊婦健診のご予約は、インターネット予約システムをご利用いただけます。当日予約も可能です。

親子三人の影

妊婦健診スケジュール

週数 内容 産前教室 その他
1ヶ月 0 赤ちゃんのための手芸・ 編み物教室 妊娠前から葉酸をしっかりとりましょう
1
2
3
2ヶ月 4 超音波検査(子宮内胎嚢確認、胎児心拍の確認) つわりが始まる方がいます
5
6
7
3ヶ月 8 母子手帳をもらいに行きます
9 超音波検査;予定日決定
血液検査など、妊娠初期検査一式
希望者はトキソプラズマやCMVなどの感染症検査を追加できます
10
11
4ヶ月 12 超音波検査 母親学級・両親学級 前期 つわりが少しずつ良くなってきます
13 おなかが少しふくらみ始めます
14
15 マタニティビクス・マタニティヨガ
5ヶ月 16 助産師外来(1回目) 乳房のケアを始めましょう
17
18
19
6ヶ月 20 超音波検査
胎児の異常の有無を確認
性別判定(まだ不確定)
胎動を感じ始める方がいます
21
22 適正な体重増加に気を付けましょう
23
7ヶ月 24 助産師外来(2回目)
25
26 超音波検査
性別判定(ほぼ確定)
妊娠中期採血
27
8ヶ月 28 超音波検査
切迫早産のチェック
胎盤の位置のチェック
膣培養検査(GBS検査)
骨盤位(さかご)の確認
29
30 超音波検査
31
9ヶ月 32 超音波検査 母親学級・両親学級 後期 無痛分娩学級 里帰り分娩の方は当院最後になります
33
34 助産師外来(3回目)
バースプランの作成
帝王切開が必要な方は予定を組みます
35
10ヶ月 36 超音波検査
膣培養検査(GBS検査)
妊娠後期採血
胎児分娩監視装置装着(NST)
頸管塾化チェック(内診)
出産の準備を開始します
37 超音波検査
頸管塾化チェック(内診;適時)
胎児分娩監視装置装着(NST)
バースプランの確認
計画分娩の予定を立てます(希望者)
38
39
40 予定日を過ぎたら、分娩誘発する日を決めます
41 分娩誘発
42
週数 内容
1ヶ月 0
1
2
3
2ヶ月 4 超音波検査(子宮内胎嚢確認、胎児心拍の確認)
5
6
7
3ヶ月 8
9 超音波検査;予定日決定
血液検査など、妊娠初期検査一式
希望者はトキソプラズマやCMVなどの感染症検査を追加できます
10
11
4ヶ月 12 超音波検査
13
14
15
5ヶ月 16 助産師外来(1回目)
17
18
19
6ヶ月 20 超音波検査
胎児の異常の有無を確認
性別判定(まだ不確定)
21
22
23
7ヶ月 24 助産師外来(2回目)
25
26 超音波検査
性別判定(ほぼ確定)
妊娠中期採血
27
8ヶ月 28 超音波検査
切迫早産のチェック
胎盤の位置のチェック
膣培養検査(GBS検査)
骨盤位(さかご)の確認
29
30 超音波検査
31
9ヶ月 32 超音波検査
33
34 助産師外来(3回目)
バースプランの作成
35
10ヶ月 36 超音波検査
膣培養検査(GBS検査)
妊娠後期採血
胎児分娩監視装置装着(NST)
頸管塾化チェック(内診)
37 超音波検査
頸管塾化チェック(内診;適時)
胎児分娩監視装置装着(NST)
38
39
40
41 分娩誘発
42

その他

  • 0〜3週目:
    妊娠前から葉酸をしっかりとりましょう
  • 4〜7週目:
    つわりが始まる方がいます
  • 8週目:
    母子手帳をもらいに行きます
  • 12週目:
    つわりが少しずつ良くなってきます
  • 13週目:
    おなかが少しふくらみ始めます
  • 16週目:
    乳房のケアを始めましょう
  • 20週目:
    胎動を感じ始める方がいます
  • 22週目:
    適正な体重増加に気を付けましょう
  • 32週目:
    里帰り分娩の方は当院最後になります
  • 34週目:
    帝王切開が必要な方は予定を組みます
  • 36週目:
    出産の準備を開始します
  • 37週目:
    バースプランの確認、計画分娩の予定を立てます(希望者)
  • 40週目:
    予定日を過ぎたら、分娩誘発する日を決めます

助産師外来

専門外来として助産外来を開設しています。

妊婦健診中の一番安定している時期に、合併症がない妊婦さんの健診を助産師が行います。

通常の妊婦健診よりもゆったりと時間をとり、分娩時のパートナーとして、助産師が丁寧に不安や疑問にお答えします。

ご希望があれば、ご家族も一緒にお話を聞けます。医師と協力しながら診療を行いますので、必要な時は医師の診察を受けられます。

相談中の女性

助産師からみなさまへ

私たち助産師とはお産の時のサポートに限らず、妊娠の各期を通してお顔を会わせる機会があるかと思います。不安なこと、心配なことは気兼ねなく話せ、うれしいことや楽しいことは共有できるような関係性から妊婦さん、ご家族の想いに寄り添ったサポートを妊娠中から行っていきたいと考えています。

出産・育児では納得してその人らしい選択ができ、安全な環境の中で命の誕生を迎えていただけるよう妊婦さん、ご家族に寄り添わせていただきたいと思います。

「ここで産んでよかった。」と思ってもらえるよう助産師一同、お手伝いさせていただきます。

分娩について

分娩は人生の中で大きなドラマの一つです。そこには大きな感動があり、感動と喜びは家族みんなで分け合うものだと考えています。

かわぐちレディースクリニックは、出産時に妊婦さんとご家族が、なるべく一緒に居られるように設計を工夫しています。パーソナルスペースを大きくし、お子さんでもLDRに入れるようになっている他、帝王切開でも、旦那さんの立ち会いができます。

医療行為のできる助産院のような、アットホームで小回りの効くクリニックを目指し、妊婦さん主体の細かいニーズに合わせた出産にするために、常に考えていければと思っています。

助産師が管理するナチュラルバースから無痛分娩まで、家族を交えた母児に寄り添うやさしい医療を目指してチーム一丸となり支援していきます。

家族で過ごせるLDR ( Labor & Delivery Recovery)

LDRとは、陣痛から分娩までをケアする特別個室です。
当クリニックでは、新しい生命の誕生をご家族みなさんで祝福していただけるよう「家族出産」に対応しており、旦那さんだけでなくお子さんも含めて、ご家族と一緒に自由に過ごすことができます。

医療機器を目立たないように収納し、家庭に近い雰囲気を作っています。
防音設備も整っていますので、陣痛の痛みで大きな声を出しても、外に漏れることがありません。

出産後は、すぐそばで産声が聞こえ、産まれたての赤ちゃんの顔をゆっくりとみることができます。
産まれたての赤ちゃんとの触れ合いは、立ち会ったお子さんにとっても、兄弟・姉妹の意識が自然に芽生える貴重な体験となってくれるはずです。

※ お子さんのみの立ち会いはできません。必ず大人が付き添うようにしてください。

計画分娩に対応しています

主に上にお子さんがいらっしゃる方や、立ち会い出産を希望していても、急な休みがとれない場合など、ご家族のご都合に合わせて出産日を決めることができます。

計画分娩で予定を立てて、ご家族皆さんで新しい命を迎えてください。

基本的な入院期間

入院の日数は、出産後の健康状態により早期退院などの調整ができます。

正常分娩 分娩日を0日目として、4日目にご退院
帝王切開 手術当日に入院、手術日を0日目として、6日目にご退院

詳細は入院案内をご参照ください。

自然分娩(ナチュラルバース)

妊婦さんが自然分娩を選択された場合、医療介入は極力行いません。分娩の際には助産師が寄り添い、妊婦さんの「産む力」を最大限引き出すようにお手伝いします。

赤ちゃんが苦しいとき、または医学的に会陰切開が必要な場合は会陰切開をしますが、縫合時は局所麻酔をかけて、吸収糸(自然に溶ける糸)を用いて縫合しますので、抜糸の必要はありません。

早期母子接触に対する試み

出産後には、できるだけ早く赤ちゃんに触れていただいています。

カンガルーケア(産まれた後すぐに胸の上で抱っこするケア)にも対応しています。
また、産まれたての赤ちゃんのすぐそばに居られるよう、LDR内に新生児ウォーマー(赤ちゃんを温めるベッド)を設置しています。

産まれたての赤ちゃんは呼吸が不安定ですので、母子接触時は安全のため呼吸モニターをつけさせていただきます。

産声を上げる赤ちゃん

帝王切開

帝王切開での分娩は年々増加し、現在では安全な分娩方法のひとつとなっています。

分娩は自然なものですので、急に赤ちゃんが苦しくなる、感染が起こる、分娩が止まってしまうなど、自然分娩を続けられない場合に、帝王切開を行っています。
骨盤位妊娠(さかご)や帝王切開の既往がある方は、経膣分娩のリスクを避けるために、始めから帝王切開をお勧めします。

当クリニックでは、毎月の緊急帝王切開シュミレーションでスタッフの技術向上に努め、24時間365日、いつでも緊急帝王切開に対応できる体制を整えています。

帝王切開で出産された方は、次回の出産でも帝王切開になる可能性が高くなるため、手術中に癒着防止剤を使用しています。

麻酔について

麻酔はCSEA(腰椎麻酔+硬膜外麻酔)を基本として、状況により腰椎麻酔のみで行っています。

帝王切開の術後の痛みが出産に対する悪いイメージに繋がってしまわないよう、EPCA(患者さんが自分でコントロールできる硬膜外麻酔)で可能な限り痛みを取り除いていきます。硬膜外麻酔が使えない方のためにIVPCA(患者さんが自分でコントロールできる静脈麻酔)にも対応しています。

傷跡について

帝王切開の傷跡を気にされる方もいらっしゃいますが、当クリニックでは切開創に美容形成外科で行う埋没縫合を採用しており、術後にはケロイド防止シートを皮膚に貼って、傷を綺麗に治していく治療をしています。

家族立ち合い帝王切開

帝王切開でもご家族の立ち会いができるようにしています。

立ち会われるご家族の方には、パーテーションで区切られた妊婦さんの頭側に座っていただきますので、手術の術野や血を見ることはありません。妊婦さんは手術で緊張しています。手を握ってあげて、不安を和らげてあげてください。

経膣分娩と同じように、すぐそばで赤ちゃんの蘇生を行いますので、カンガルーケア(産まれた後すぐに胸の上で抱っこするケア)にも対応でき、ご希望があればご家族の方にも赤ちゃんにタッチしていただけます。

ご家族で良い思い出を作りましょう。

無痛分娩(和痛分娩)

無痛分娩を希望される方が大変多い中、川口市ではこれまで、無痛分娩に対応できる周産期施設が無く、川口市にお住いの妊婦さんは市外の施設へ行くしか選択肢がありませんでした。

かわぐちレディースクリニックは、硬膜外麻酔による無痛分娩ができるクリニックとしました。
当クリニックの無痛分娩のシステムは、厚生労働省の「無痛分娩の安全な提供体制の構築に関する提言(2018年3月29日)」に準拠した安全体制を構築しています。

硬膜外麻酔の方法

背中に針を刺して硬膜外チューブを入れて麻酔薬を注入して、おへその下あたりから外陰部まで麻酔をかけていきます。

麻酔はEPCA(患者さんが自分でコントロールできる硬膜外麻酔)を使用します。

状況合わせて、脊髄麻酔を併用する場合があります。

麻酔のイメージ

メリット

  • 他の無痛分娩の方法(吸入麻酔、静脈麻酔)より効果が確実です
  • 赤ちゃんへの影響がありません
  • 分娩後の回復が早く、体力が温存できます

デメリット

  • 分娩の進行が遅くなることがあります
  • 別途費用がかかります
  • 合併症が起こる可能性があります(頭痛、硬膜外血腫、硬膜外膿瘍など)

その他に、麻酔との関係性は証明されていませんが、無痛分娩中の母体死亡の報告があります。

無痛分娩学級

産前学級の「無痛分娩学級」では、メリット・デメリットを含め詳しくご説明を行います。
無痛分娩を決めている方だけでなく、少しでも考えている方、お悩みの方は必ず受講してください。
無痛分娩の実施については、出産当日に判断することができます。

里帰り出産をご希望の方へ

少しずつ大きくなるおなか。出産間近だといつ陣痛が起こるか不安です。
だけど、陣痛が来ても、お父さんは急に仕事を休めない。
そういったケースに備えて出産前に里帰りすることで、ご自身の家族にサポートしてもらうことができます。

里帰り出産ですが、いくつかのメリット・デメリットがあります。

木の家

メリット

  • 家族がそばにいるので、悩みや不安を聞いてもらえる、サポートしてもらえる
  • 緊急時に病院についてきてくれる家族がいる
  • 産後の体が辛いときに家事を頼ることができる
  • 子育てを家族にお願いし、ゆっくり寝る時間を作ることができる

デメリット

  • 移動費がかかり、実家へのお礼、お父さんの生活費など費用がある程度かかる
  • 埼玉、東京の一部、千葉の一部以外での出産の場合、助成金の手続などが必要になる
  • お父さんが立ち会うタイミングが難しいので自覚が持ちづらく、子育てに参加しにくい*1
  • 家族が子育てに干渉しすぎる場合がある、生活リズムが合わなくてストレスになる

*1家族にサポートしてもらいたい、かつお父さんにも立ち会ってほしい場合には、里帰り計画分娩にも対応していますので相談してください。

他施設に通院していて、当クリニックで出産をご希望の場合

ハイリスク妊娠の項目をご確認の上、分娩予約をしていただき、当クリニックで妊婦健診を受けていただきます。初診の際には、現在通院している施設の紹介状をお持ちください。

リスクのない方 34週の妊婦健診から
帝王切開が必要と言われている方 32週の妊婦健診から

里帰り出産のご予約

分娩は予約制のため、当院分娩希望の方は予定日が分かったら早めに連絡をください。
ハイリスク妊娠の詳細、分娩予約についてはこちらをご確認ください。

当クリニックに通院していて、他施設でご出産の場合

当クリニックで出産する方と、同じ妊婦健診を受けていただき、里帰り先の施設が指定した時期に里帰りして頂きます。

施設により里帰りの時期(妊婦健診を受診する週数)が異なる場合がありますので、出産を希望する施設へお尋ねください。里帰りの時期に合わせて紹介状をお作りします。

里帰り前に一度受診を求められた場合にも、紹介状をお作りしますのでご相談ください。

よくあるパターン

里帰り先から、34週で帰ってくるように指示があった

当クリニックで32週までの妊婦健診を受けていただきます。当日、紹介状をお渡しできます。

里帰り先から、32週で帰ってくるように指示があった

当クリニックで30週までの妊婦健診を受けていただきます。

里帰りは34週でよいが、事前に一度受診するように指示があった

事前の受診に合わせて紹介状を作成しますのでご相談ください。
一度受診した後は、再び当クリニックで妊婦健診を受けていただき、指定の時期に再度紹介状を作成します。

産後健診について

2週間検診
(お母さん)
産後の回復具合、お母さんの状態を診察します。助産師が診察を行います。
1か月健診
(お母さん)
産後の回復具合、お母さんの状態を診察します。産婦人科医師が診察を行います。
1か月健診
(赤ちゃん)
赤ちゃんの体重チェック、身長のチェック、哺乳状態、心雑音のチェックなどを当院提携小児科医師が行います。

母乳相談室

授乳に関すること、乳房ケアに関すること、赤ちゃんに関することなど、不安なことをご相談いただける相談室です。また乳腺炎の母乳マッサージなども行っています。

母乳相談室のご予約

1階 受付にてお申し込みください。インターネット予約、電話予約でも受け付けております。

当院で出産された方も、他院で出産された方も受診できます。授乳中の方は赤ちゃんと一緒にご来院ください。

オレンジ色の花束

持ち物

母子健康手帳、赤ちゃんの保険証、筆記用具、飲み物、バスタオル1枚、その他、赤ちゃんに必要なもの(ミルク、オムツ、着替えなど)

赤ちゃんの授乳記録があればお持ちください。

費用

  • 30分以内・・・3,000円
  • 30分以上・・・5,000円

症状によって異なります。

母乳相談室でご相談いただける内容

授乳に関すること

  • 母乳がでない
  • 赤ちゃんが上手に飲めない
  • 母乳が足りているのか分からない
  • 混合乳の割合が分からない など

乳房ケアに関すること

  • 乳頭に傷ができて授乳がつらい
  • 乳房にしこりがある
  • 乳房に赤み、痛み、腫れがある
  • 乳頭部に白い斑点、水ぶくれ、血豆がある
  • 陥没乳頭でうまく吸えない など

赤ちゃんに関すること

  • 乳頭に傷ができて授乳がつらい
  • 乳房にしこりがある
  • 乳房に赤み、痛み、腫れがある
  • 乳頭部に白い斑点、水ぶくれ、血豆がある
  • 陥没乳頭でうまく吸えない など
すやすや眠っている赤ちゃん