当院では無痛分娩ができるという事が妊娠中の皆様の不安をとる大きな意味があると考えています。
無痛分娩するかしないかは、妊婦様の自由な意思で決めていただいて構いません。
自然分娩を行い、陣痛が耐えられなかったら、当日申し込んでいただいて構いません。
ただし、事前にメリットデメリットを知っていただきたいので、必ず無痛分娩の説明を受講されてください。

補足1:無痛分娩はいつ行えば良いですか?

無痛分娩を行うタイミングは以下の2つです。

  • 陣痛が始まったら、そのタイミングで無痛分娩を行うか決める
  • 計画分娩を行い、陣痛が始まったら無痛分娩を行う

※基本は麻酔が担当できるスタッフがいる限りいつでも行いますが、夜間は麻酔担当医を呼び出すオンコール体制の場合があります。その場合に陣痛が始まってしまったら、鎮痛剤を使用し待機していただき、麻酔が担当できるスタッフが到着したら硬膜外麻酔を施行する場合があります。

夜間は開始できるまでにある程度の時間がかかる場合があり、夜間に陣痛が始まり分娩の進行が速い場合には、麻酔担当医が駆けつける前に分娩に至るケースもあります。夜間の対応に不安をお持ちの方は計画無痛分娩を選択してください。

補足2:麻酔を行わなかった場合は費用はどうなりますか?


前述のとおり、妊婦様の不安を取る目的が主のため、申し込みを行ったけど麻酔を行わなかった場合は費用をいただいていません。実際に無痛分娩を行った場合のみ費用を頂いています。