医療法人紡世会 かわぐちレディースクリニック

無痛分娩について

painless-delivery

無痛分娩するかどうか悩んでいます

当院では無痛分娩ができるという事が妊娠中の皆様の不安をとる大きな意味があると考えています。
無痛分娩するかしないかは、妊婦様の自由な意思で決めていただいて構いません。
自然分娩を行い、陣痛が耐えられなかったら、当日申し込んでいただいて構いません。
ただし、事前にメリットデメリットを知っていただきたいので、必ず無痛分娩の説明を受講されてください。

補足1:無痛分娩はいつ行えば良いですか?

無痛分娩を行うタイミングは以下の2つです。

  • 陣痛が始まったら、そのタイミングで無痛分娩を行うか決める
  • 計画分娩を行い、陣痛が始まったら無痛分娩を行う

※基本は麻酔が担当できるスタッフがいる限りいつでも行いますが、夜間は麻酔担当医を呼び出すオンコール体制の場合があります。その場合に陣痛が始まってしまったら、鎮痛剤を使用し待機していただき、麻酔が担当できるスタッフが到着したら硬膜外麻酔を施行する場合があります。

夜間は開始できるまでにある程度の時間がかかる場合があり、夜間に陣痛が始まり分娩の進行が速い場合には、麻酔担当医が駆けつける前に分娩に至るケースもあります。夜間の対応に不安をお持ちの方は計画無痛分娩を選択してください。

補足2:麻酔を行わなかった場合は費用はどうなりますか?


前述のとおり、妊婦様の不安を取る目的が主のため、申し込みを行ったけど麻酔を行わなかった場合は費用をいただいていません。実際に無痛分娩を行った場合のみ費用を頂いています。

無痛分娩は、和痛分娩とは違いますか

和痛分娩、無痛分娩の違いは定義がはっきりしていないめ、ぼんやりとしたお答えしかできません。
和痛分娩、無痛分娩の呼び方と、意味合いは、それぞれの施設、医療者により違ったりしています。

最近の日本では分娩時の麻酔を無痛分娩と呼ぶ方が多くなってきましたが、海外の言葉を直訳すると「分娩時の麻酔」となり、「痛みが無い」と言う意味ではありません。そのため、「無痛=痛みが全くない」のは日本語として正しい意味ではないかもしれません。
実際に無痛分娩をしたはずなのに痛かったなどの言葉もよく聞きます。

同じ硬膜外麻酔を使用した方法でも 、薬剤の内容が局所麻酔のみだと痛みを完全に取ることが難しく、そのため硬膜外麻酔を「和痛分娩」と呼んでいる施設もあります。
また、麻酔を使用するのはすべて分娩を「麻酔分娩」と呼ぶ施設もあります。
呼吸法などのリラクゼーションを「和痛分娩」と呼んでいる施設もあります。

当院での硬膜外麻酔は、局所麻酔薬に医療用麻薬を併用し、また脊髄くも膜下麻酔も併用(CSEA)を行っています。
そのため、痛みを取ることにはかなり積極的に行っており、硬膜外麻酔を使用しているものは無痛分娩と呼んでいます。

無痛分娩は、麻酔方法、薬剤の使用方法によって満足度がかなり異なるため、その施設がどんな方法で、どんな薬剤を使用しているのか調べて選択されるのが良いと思います。

無痛分娩について詳しいことは無痛分娩関係学会・団体連絡協議会のサイトをご覧ください

https://www.jalasite.org/

無痛分娩はどんなことをするのですか

無痛分娩には硬膜外麻酔単独で行う方法と、硬膜外麻酔と脊椎くも膜下麻酔を併用して行う方法があります。近年
の流れとして硬膜外麻酔単独よりも、より確実な効果が得られる硬膜外麻酔と脊椎くも膜下麻酔(腰椎麻酔)を組み
合わせた麻酔(以下CSEA)を行われることが多くなってきました。
当院で行っている無痛分娩は主にCSEAで行っています。
また、使用する薬剤は局所麻酔薬のみで行う方法と、局所麻酔薬に少量の医療用麻薬を追加する方法がありますが、少量の医療用麻薬を使用した方が痛みを取る質が高いため、当院では局所麻酔薬に少々の医療用麻薬を追加して使用しています。
また、当院は痛みを自分でコントロールできる自己調節硬膜外鎮痛(Patient Controlled Epidural Analgesia:以
下PCEA)を使用しています。 硬膜外無痛分娩開始後に痛みを感じたときに、妊婦さん自身が硬膜外腔への痛み止
めを追加投与できる鎮痛法です。 自分のタイミングで痛みを軽減でき、また投与できる薬の量は自動的に制限され
るしくみになっていますので、ボタンを押しすぎても使いすぎる心配はありません。
硬膜外麻酔も脊椎くも膜下麻酔も、腰の部分に注射をする処置になります。
麻酔の処置内容は状況に合わせて、麻酔科医が最善の方法を選択しますが、ご希望がありましたらお知らせください。